B188 『経験のための戦い―情報の生態学から社会哲学へ』

エドワード・S. リード (著)新曜社 (2010/3/31)

続きを読む »


B187 『アフォーダンスの心理学―生態心理学への道』

エドワード・S. リード (著)新曜社 (2000/11)

続きを読む »


B186 『知の生態学的転回3 倫理: 人類のアフォーダンス』

河野 哲也 (編集)東京大学出版会 (2013/8/26)

続きを読む »


B185 『生態学的視覚論―ヒトの知覚世界を探る』

J.J.ギブソン (著)サイエンス社 (1986/03)

続きを読む »


SSRK 写真アップ

SSRKの写真アップしました。 実績のページより御覧下さい。

続きを読む »


MKGT 写真アップ

MKGTの写真アップしました。 実績のページより御覧下さい。

続きを読む »


レビュー04「建築の素材」 403architecture [dajiba]辻琢磨

先日403architectureの辻さんを招いてのケンペケがあったので参加してきました。 自分なりに何か得るものがあったのでメモとして書いておきます。 |  メタとベタ、意識と行為 予習で意識していた二つの問い、 ■オ […]

続きを読む »


たこやき大学2015「メディアと共同体」メモ

先日年末恒例のたこ大があったのですが、予定が合いそうだったので忘年会のノリで参加してきました。 例年以上にモヤッとした感じでしたが、chanさんがうまくまとめて下さってました。おおまかな流れはこちらで。 ■たこやき大学の […]

続きを読む »


B184 『知の生態学的転回1 身体: 環境とのエンカウンター』

佐々木 正人 (編集)東京大学出版会 (2013/6/29)

続きを読む »


ケンペケ04 予習

12月のケンペケに辻琢磨さんにお越しいただく予定なのですが、そのための予習として現時点で考えたことをまとめておきたいと思います。 |  「建物」と「建築」の分断を乗り越える。 一言でいうとすれば、私は建築を流動状態として […]

続きを読む »


建築の自立について

twiiterで知り合って以前から一度お会いしたいと思っていた高知の建築士の方が鹿児島に来られるということで週末に鹿児島を案内させて頂いた。その時にブログを再開したと聞いたのでそれを読んだり、本人とお話させていただいた中 […]

続きを読む »


B183 『隈研吾 オノマトペ 建築』

隈 研吾 (著)エクスナレッジ (2015/9/19)

続きを読む »