桜ヶ丘の家 オープンハウス

桜ヶ丘の家 オープンハウス

お施主様のご好意により4/4(土)5(日)の2日間オープンハウスを開催させていただきます。 時間は10:00~16:00予約不要で ...
つくるよろこびをデザインする(3つのアプローチ)

つくるよろこびをデザインする(3つのアプローチ)

3つの願いで書いた「つくるよろこびをデザインしたい」について、これまで何度か書いてきているのですが、今一度まとめてみたいと思います ...
おおくちたからばこ保育園で考えたこと。

おおくちたからばこ保育園で考えたこと。

おおくちたからばこ保育園は、伊佐市にある既存倉庫の一角を企業主導型保育園として改装したものです。 この時に考えたことを、保育園等の ...
珪藻土DIY塗り

珪藻土DIY塗り

桜ヶ丘の家の壁珪藻土DIY塗りをしました。 娘さんも参加して一日がかり。 下地に塗装用クロスを採用してみたのですが、1回塗り+タッ ...
姶良の家 型枠

姶良の家 型枠

姶良の家、基礎立ち上がりと杉板型枠のコンクリート壁の型枠確認。 久しぶりの平屋は広く感じますね。打ち上がりが楽しみです。 ...
下竜尾町の家 基礎配筋

下竜尾町の家 基礎配筋

下竜尾町の基礎配筋を確認してきました。 がけの関係で深基礎になっているのですが、加えて擁壁の一部補強も施工したので安心です。 これ ...
何に対して報酬を頂くのか(設計監理料の話)

何に対して報酬を頂くのか(設計監理料の話)

何に対して報酬を頂くのか お施主さんに頂く報酬を、慣習に倣って設計監理料と読んでいますが、実際は何に対して報酬を頂いているのでしょ ...
DIYを採用する5つの理由

DIYを採用する5つの理由

自宅でペンキと珪藻土塗りを試してから、定番の珪藻土塗りや簡単な棚作りなどのDIYを採用することが多くなりました。 おそらく、住宅の ...
大切にしたいいくつかのこと

大切にしたいいくつかのこと

棲み家という言葉 「住宅」や「家」ではなく「棲み家」という言葉に何か魅力のようなものを感じます。 学生の頃からその魅力の正体をずっ ...
「Encounters 出会う建築」をまとめてアップしました

「Encounters 出会う建築」をまとめてアップしました

ブログ記事として少しづつアップしようと思っていましたが、普段のブログとは色合いが異なるので別カテゴリーをつくり一つにまとめました。 ...
SILASU 社会科見学 vol.1 しょうぶ学園 に行ってきました。

SILASU 社会科見学 vol.1 しょうぶ学園 に行ってきました。

SILASUによるイベントがしょうぶ学園であったので行ってきました。 ■FACEBOOK : SILASU 社会科見学 vol.1 ...
珪藻土試し塗り

珪藻土試し塗り

うちで定番化しているDIY用の珪藻土ローラー塗り。 実施した季節によっては、ボード継ぎ目のクラックが入ることがあったため、新しい下 ...
千年の家 建て方

千年の家 建て方

今日は桜ヶ丘の家の建て方でした。 階高は低めに設定することが多いのですが、今回は途中収納スペースを挟み込んだりして1階の階高をいつ ...
外部空間に恋して ~KDP主催の講演会

外部空間に恋して ~KDP主催の講演会

KDP主催で、昨日、今日と建築家の酒井一徳さんと手塚貴晴さんの講演会があったのですが、県内の建築家の話を聞くのも、著名な建築家の話 ...
詩を編むように

詩を編むように

このブログでは20代の頃から考えてきたことをいろいろと書き綴ってきているけれども、書いていることの根っこにあるものは昔からほとんど ...
既存住宅調査

既存住宅調査

不動産のお客様からご依頼があり、吹上の既存住宅の調査に行ってきました。 お客さんによると、内部の壁に一か所大きなひび割れがあり、家 ...
B229 『見たことのない普通のたてものを求めて』

B229 『見たことのない普通のたてものを求めて』

宇野 友明 (著)幻冬舎 (2019/11/26) twitterで知り合った友人が、この本を読んだ感想として「何となくオノケンさ ...
家は特別。

家は特別。

このサイトの左下にあるコピーライト(©2002 onoken )の©の文字のところが、こっそりランダムボタンになっていて、どこかの ...
B228 『建築と不動産のあいだ そこにある価値を見つける不動産思考術』

B228 『建築と不動産のあいだ そこにある価値を見つける不動産思考術』

高橋 寿太郎 (著)学芸出版社 (2015/4/25) 同じ著者が書かれた、『建築と経営のあいだ』を購入する際に前から気にはなって ...
桜ヶ丘の家 足場解体

桜ヶ丘の家 足場解体

桜ヶ丘の家、足場解体。全体が見えるようになって来ました。 この瞬間はいつもわくわくすると同時にドキドキします。 ...
リノベーションオブザイヤー2019受賞報告会に参加してきました

リノベーションオブザイヤー2019受賞報告会に参加してきました

リノベーション協議会が実施しているリノベーションオブザイヤー2019で、鹿児島から株式会社大城が総合グランプリを、株式会社プラスデ ...
家づくりは生活の優先順位を決めていくこと(設計事務所に頼むと高くつくの?)

家づくりは生活の優先順位を決めていくこと(設計事務所に頼むと高くつくの?)

予算に合わせて考えるということ 「設計事務所に頼むと高くつくのでは。」という疑問を耳にすることがよくあります。 これに対しては、全 ...
テナント現場

テナント現場

某テナントの現場がだいぶ仕上がってきました。 本体建築の検査関係で建築工事の工期が年初の1ヶ月弱しか無くバタバタでしたが、なんとか ...
プレカットの打ち合わせ

プレカットの打ち合わせ

今日はプレカットの事前打ち合わせでした。 今は木造の軸組を大工さんが手刻みで加工してくることは少なくなり、ほとんどが工場での機械加 ...
VECTORWORKS 2020

VECTORWORKS 2020

先日VECTORWORKSの2020年版がリリースされたので、早速入れてみました。 新機能のうち、期待しているのは ・データマネー ...
暮らしをつくる

暮らしをつくる

コムストアで「暮らしをつくる」をテーマに、ブルースタジオ大島さんとアカツキ建築設計二俣さんのトークセッションがあったので行ってきま ...
下竜尾町の家 地鎮祭

下竜尾町の家 地鎮祭

下竜尾町の家の地鎮祭でした。 今回、第一種低層住居専用地域で軒高が7mを越えていたこともあって、コンパクトな住宅でありながら、日影 ...
2020 明けましておめでとうございます

2020 明けましておめでとうございます

新年明けましておめでとうございます。 旧年中は大変お世話になりました。 おかげさまで、次の12月で事務所立ち上げの展覧会を開催して ...
B227 『保育実践へのエコロジカル・アプローチ ─アフォーダンス理論で世界と出会う─』

B227 『保育実践へのエコロジカル・アプローチ ─アフォーダンス理論で世界と出会う─』

山本 一成 (著)九州大学出版会 (2019/4/9) 本書と「出会う建築」論 本書はリードによる生態学的経験科学を環境を記述する ...
千年の家 地鎮祭

千年の家 地鎮祭

千年の家の地鎮祭を執り行いました。 最初にお問い合わせを頂いてから、土地探しからじっくり検討しながら、2年以上、ようやく地鎮祭にま ...
B226 『色彩の手帳 建築・都市の色を考える100のヒント』

B226 『色彩の手帳 建築・都市の色を考える100のヒント』

加藤 幸枝 (著)学芸出版社 (2019/9/15) 『色彩の手帳』は「色が苦手」「色は難しい」「色は結局好き嫌いだから」「自分に ...
学習と教育について

学習と教育について

引き続き『損傷したシステムはいかに創発・再生するか: オートポイエーシスの第五領域』の続き。 学習について 先日、協力案件の現調で ...
なぜオートポイエーシスやアフォーダンスの本を読んだりブログを書いたりするのか。

なぜオートポイエーシスやアフォーダンスの本を読んだりブログを書いたりするのか。

前回の『損傷したシステムはいかに創発・再生するか: オートポイエーシスの第五領域』の続き。 なぜ、そんなに時間をかけて、オートポイ ...
B225 『損傷したシステムはいかに創発・再生するか: オートポイエーシスの第五領域』

B225 『損傷したシステムはいかに創発・再生するか: オートポイエーシスの第五領域』

河本 英夫 (著)新曜社 (2014/3/7) だいぶ前に本屋で見かけてぱらぱらっとめくってみたことがあったが、ページ数も金額もそ ...
桜ヶ丘の家 建て方

桜ヶ丘の家 建て方

桜ヶ丘の家の建て方を行いました。 途中から45度壁の角度が変わり、屋根が一点に変わる感じなので難易度は高めですが、なんとか屋根下地 ...
姶良の家 地鎮祭

姶良の家 地鎮祭

姶良の家の地鎮祭を執り行いました、 久々の平屋です。 進行が楽しみ。 (写真は着工前) ...
B224 『動きすぎてはいけない: ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』

B224 『動きすぎてはいけない: ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』

千葉 雅也 (著)河出書房新社 (2017/9/6) 『勉強の哲学』を読んで、著者の書いた別のものが読みたかったのと、テーマが自分 ...
基礎完成

基礎完成

桜ヶ丘の家の基礎が完成。 平面形状が見て取れます。 今回はZEH同等仕様で基礎断熱を採用しています。 ...
永留さんのこと

永留さんのこと

僕が建築を続けていく上で一番の理解者、もしくは応援者(と勝手に僕が思っている人)を失った。 先に逝ってしまった。 このブログは、僕 ...
B223 『堀部安嗣 建築を気持ちで考える』

B223 『堀部安嗣 建築を気持ちで考える』

堀部 安嗣 (著)TOTO出版 (2017/1/19) 建築を気持ちで考える。 なぜ、今、このタイトルなのか。それを確かめたくて買 ...