ファーストプレゼンについて~図面とCGと模型で、敷地のポテンシャルとイメージを共有する

ファーストプレゼンに時間をかけている訳

特別なケースを覗いて、通常は最初のヒアリングから1ヶ月程度の時間を頂いて、一つの案をじっくり検討してからプレゼンさせていただくようにしています。

簡単なプランは数日でも作成できるのですが、短い時間で考えた案をすぐに見せてしまうと、お施主さんも私自身もその案にイメージを引っ張られてしまい、様々な可能性を狭めてしまうことがよくあります

そのため弊所では最初にある程度の時間を頂き、敷地のポテンシャルを最大限引き出して、そこでの生活のイメージが湧くような案を、自分なりに納得できるところまで詰めてからプレゼンさせていただくようにしています。

図面とCGと模型で、敷地のポテンシャルとイメージを共有する

と言っても、ファーストプレゼンの案はあくまで最初のたたき台という位置づけで考えています。

その後打ち合わせを重ねて案が大きく変わることもありますし、ほとんどそのまま最後までいくこともありますが、それはどちらでも良いという考えです。

ですが、その敷地や予算などの条件でどんな大きさの建物ができるのか。また、どんな生活のイメージを描くことができるのか、その規模感のようなものを最初にお施主さんと共有しておきたい、との思いから、それを、できるだけ分かりやすく伝えることにかなりの時間を割くようにしています。

それを最初に共有できていれば、その後の打ち合わせもスムーズに進みますし、建築の専門ではない一般のお施主さんとそれを共有するには、それなりに準備が必要です。

例えば、弊所では、それを伝えるためのツールとして図面・CG・模型の3つを使用しています。(今後技術の変化等で変わるかもでしれませんが。)

STGI(下竜尾町の家)を例に説明します。

図面

一番オーソドックスなのは図面です。
平面図に配慮した点などを列記したり、具体的な断面図を描いたり、外観や内観の分かるパースを入れたりと、その敷地にこういう建物を建てることでどんな生活が可能になるか、をできる限り分かりやすく伝えるように心がけています。

CG

今は検討段階から3Dモデルのデータを作り込み、そのモデルの中を歩き廻りながら案を詰めていく、という手法をとっているので、ある程度案が固まってくる頃には3Dデータが作り込まれている状態になっています

図面のパースもCGですが、その状態からパースやアニメーション、パノラマツアーなどさまざまなものを取り出す作業はそれほど大変ではなくなってきています。

ですので、それらを使って、実際にそこに立った時のイメージをできる限り分かりやすく伝えるように心がけています。

例えば、下記のページではパノラマツアーとして、特定の地点に立った時の360°画像を移動しながら確認できるようになっています。
STGI パノラマツアー
(スタートをクリックして下さい。青緑の丸をクリックすることで視点の移動が可能です。)

また、下記のページではモデルをぐりぐり動かしたり、すきなところで切断したり、VRゴーグルをつけて歩きまわったりできます。(使い方は省力しますが)
STGI VWモデル

模型

また、最初の段階で1/50スケールの大きめの模型をできるだけ作るようにしています。

模型はなんと言っても手にとって自由に見ることができるので、建物イメージを一番リアルに感じることができます

また、スキップフロアーなどの複雑な断面形状を採用することも多いので、全体の構成を掴むには俯瞰して眺めることができる模型が一番です。

場合によりますが、内部もある程度作り込むようにしているので、1/100ではなく、1/50スケールを採用することが多いです。


 


 
こんな感じで、ファーストプレゼン時点でその敷地での可能性がなるべく伝わるよう心がけています。







コメント:0

コメント フォーム
情報を記憶

関連性の高い記事