STGI ~下竜尾町の家

傾斜地にある古くからの住宅街に建つ家。

計画のポイント

  • 別に敷地を購入する計画もあったが、建物に予算を多く割けるように空いていた親世代の住宅を建て替えた。
  • 崖に対応しながら、広くはない変形敷地の中で最大限の広さを確保することと、2階以上の高さで可能となる桜島を望む眺望を活かすことを目指した。
  • 敷地に合わせた平面形状スキップフロアーによる床下収納とロフトの活用で、法定容積率いっぱいの床面積+床下+ロフトと最大限の広さを確保した。
  • 1階の一部を駐車場とし、2階にリビングを配するとともに屋上空間を確保することで眺望を最大限確保した。
  • トップライト、ペントハウスや階段から光を落とすことで、明るくメリハリのある屋内空間とした。
  • 庭や屋上、ロフトなどをスキップフロアーでつなぐことで、様々な居場所をつくり、多様な生活シーンが生まれるように配慮した。
  • メインの壁・天井は珪藻土塗りのDIY
2020年7月竣工 住宅
所在地:鹿児島県鹿児島市下竜尾町
敷地面積:101.58㎡(30.72坪)
延床面積:81.26㎡(24.58坪)+駐車場+ロフト
構造:木造2階建て+ロフト
施工:N3建設

途中経過などのブログ記事はこちら

※写真は仮に撮影したもので、入居後に再度撮影させていただいた後で差し替える予定。