11月2019年

B224 『動きすぎてはいけない: ジル・ドゥルーズと生成変化の哲学』

千葉 雅也 (著)河出書房新社 (2017/9/6) 『勉強の哲学』を読んで、著者の書いた別のものが読みたかったのと、テーマが自分の関心と関連しそうな気がしたので購入。 哲学の分野を体系的に学んだことがない自分にとっては […]

続きを読む »


永留さん

僕が建築を続けていく上で一番の理解者、もしくは応援者(と勝手に僕が思っている人)を失った。 先に逝ってしまった。 このブログは、僕にとってのその時々を記録として焼き付けておくためのものだから、やっぱり、永留さんについても […]

続きを読む »