HMGK ~本明町の家

ご両親の家の敷地を分割し、新しく家を建てる計画。
残った土地が凹凸のある変形地だったため、その中でどうやって施主の要望を満たすことが出来るかが一番の課題であった。
比較的素直にプランニングを行い、平面的に上手く解けたと思う。
施主の希望もあり、弊所としては既成品の使用量が比較的多い住宅であるが、ポイントでは木とスチールを使うことにした。
家具等が入れば空間に馴染んで柔らかい家になるのではと思う。

2018年12月竣工 住宅
敷地面積:181.22㎡(54.81坪)
延床面積:104.09㎡(31.49坪)
構造:木造2階建て
施工:N3建設