四大浮世絵師展

ukiyoe
今日孫を見に屋久島から出てきた母が、浮世絵師展を見たいと言うので市立美術館に行ってきました。

写楽・北斎・歌麿・広重の作品に加えて「写楽は誰か?」みたいな感じで写楽に似た作風のものも展示されてて、想像以上のボリュームがあったのでびっくりしました。172点あったそうです。

子供が騒いでしまうので交代で面倒を見ながら少しずつ観てまわったので大変だったですが。(美術館には2時間ほど滞在してたみたいです)

全体の構成の大胆さとか、線や色の一つ一つの躍動感とかも当然素晴らしかったのですが、描いている本人が楽しんでいろんなアイデアを出してるんじゃないかなぁ、というのが見えてきて面白かったです。

うーん。やっぱり、すごいなぁ。おもしろいなぁ。

親しみやすい展覧会なのでお客さんも多かったですが、 かなり見応えがあるので時間のある方は是非。1月27日までやってるようです。(373news.comの記事はこちら。)

(余談ですが市立美術館の HPはもうちょっとなんとかならないんでしょうか。とても美術館のサイトとは思えませんし、イベントや入館料もよく分かりませんでした・・・。)




レポートカテゴリー内の前後記事


全カテゴリー内の前後記事




コメント:0

コメント フォーム
情報を記憶

関連性の高い記事