本を読もうぜ、ベイベー

薩摩川内市にある知性派たこ焼やさん(すばらしい!)からTB返しを頂いたのでさらにコメントしてみました。

短時間でさすがっ、ていう記事がアップされてました。
なにがさすがかって言うと、すかさず自分の言葉で意見が言えるところがさすが。(何が自分の意見かというのも難しいですが)レバレッジの記事がなるほどと思えます。
僕なんかはときどき人の言葉でごまかしてしまうところがあるので見習わなければ。

市場を透明な協調的談合主義化する、というのは理想としてはアリとは思うけど、じゃあだれがそれまでの既得権益を手放す? というところに現実感がないのも事実。特に鹿児島みたいなアンバランスなところに住んでるとどうしても・・・、ねぇ? 実際のところ、まだまだ人はビジョンよりも経済的利害(それも短期の)で動くのが大半ですから。

まさに”透明な協調的談合主義化”というあたりが僕の借り物のごまかしであったりするんだけど、上記引用はかなり実感として分かります。
ただ、”ビジョンよりも経済的利害”の中の”経済的利害”の意味合いだとかあり方をずらして”ビジョン≒個人的(共同体的)利害”という状態に近づけられる余地が鹿児島などの方が残されている気もするのです。(というか期待ですが・・・)

主流にはなれないかもしれないけれど、”なんかいいじゃん”というスタイルができるんじゃないかと。
さらに、そういうあり方のほうがグローバリズムの中では強度があるんではないかとも思います。(その強度を増すには『イチロー? 誰それ?』という価値観や感受性が必要でしょう)

せんだいの田舎で知性派のたこ焼屋というのはまさにこういう可能性に期待してるんじゃないかと密かに思ってますが、いかがでしょう。

『狭義の自己責任』っていうのは当然あると思います。
でも”自由が欲しくてフリーターになってみた”つもりが、”あれっ、別に自由なんかいらなかったぞ”って気づく事も往々にしてあると思う。そして、それが命取りになることも。
『自己責任』があるってことを知らずに『自己責任』に関わる選択をしてしまってることが問題なんだろうなぁ。

だから、借り物の言葉を声を大にして言います。
本を読もうぜ、ベイベー

個人的には『イチロー? 誰それ?』っていうのにすごい憧れるんですが、相方に”しっかりしてよ”と突っ込まれるのが怖くて僕にはなれないかも。弱いなぁ。




コラムカテゴリー内の前後記事


全カテゴリー内の前後記事




コメント:2

    おたこはん's Gravatar おたこはん 07-06-30 (土) 15:26

    TITLE:
    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    こんにちは。TBありがとうございました。情報が限られた中で選択することがいかにリスキーかということを、大人はもっと知らしめる必要があるようにも思いますですよ。
    機会がありましたら一度、お会いしたいですね。ではでは

    03R's Gravatar 03R 07-06-30 (土) 15:47

    TITLE: >おたこはんさん
    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    コメントありがとうございます。
    川内は微妙な距離ですが、行くこともあると思うので、その時は是非よりたいなと思っています。本が好き!の既読書をかえる文庫に並べる挙動不審な怪しい男がいたらきっとそれは僕です。

コメント フォーム
情報を記憶

関連性の高い記事