SimpleTL (twitterタイムライン遡り用クライアント)β版

rectuswarky TwitterのTLを、デフォルトと逆の流れで「前回TLにアクセスした時点」から「現在」に向かって読めるようにできるクライアント無いかなー。

この発言から作り始めたSimpleTL。
おのけんのーと ≫ Blog Archive ≫ TL遡り用クライアントSimplTL(php版)誰か認証制にして。

だれか、認証制にして誰でも使えるようにして下さい!

結局自分で作成しました。
まだバグが残っているかもしれませんがβ版として公開します。

|  概要

twitterの自己アカウントで作成したリストのタイムラインを、最後にアクセスした時間以降のみ表示します。
・表示は古い→新しいの順なのでタイムラインを追いやすい。
・リストのタイムラインを追うので本クライアント用のリストを作成しておけば最低限チェックしておきたい人だけのタイムラインを追うことができ、タイムラインもコンパクトになります。
・URLのリスト名を変更することで複数のリストを追うことが可能。アクセスログはリストごとに管理しています。
・またPC用の画面をさらにシンプルにしてデータ量を抑えたモバイル用もあります。
違いは下記の通り。

●PC用
・表示件数:最大1000件
・画像もサムネイル展開(今のところtwitpicとmobypictureに対応。要望は受け付けます)
・最終アクセスからさらに前に1時間、4時間、12時間と遡ることが可
・PCで一気に閲覧するように使う事を想定。

●モバイル用
・表示件数:最大200件(200件ずつ遡ることは可能)
・データ量を小さくするために表示はテキストのみ最小限。
・ログをクリアするとページを遡っていくことができる。
・携帯での利用を想定。

|  使い方

1.twitterでリストを作成する。(既に作成しているものでも良い)
(※リストは公開設定にしてください)
2.認証画面から認証を行う。

認証画面で『許可する』をクリック。

>>>認証画面へ

3.閲覧用のURLがPC用、モバイル用それぞれ発行されるので、URLにアクセスした後ListNameを任意のlist名に変更しブックマーク。

使い方は以上です。

※認証はユーザーを確定してパスワード付きのURLを発行する際にのみ利用します。OAuth認証はRead-onlyですのでこれを利用して投稿することはできません。
どうしても認証をしたくないという方は、@kagobenに
@kagoben list=ListName
のListNameをリスト名に置き換えてリプライを送って下さい。@kagobenからダイレクトメールで閲覧用URLが送られてきます。(ただし、一時的にでも@kagobenをフォローしておかないとダイレクトメールが届きません)

|  その他雑記

・携帯でどうやってログインした状態を維持するかけっこう悩んだのですが、リストを作成すればtwitterで認証状態でなくともタイムラインを取得できることに気づき、リストに対応させることにしました。タイムラインもコンパクトになり一石二鳥。
・API制限(150回/h)をどうやって回避すればいいのか分からなかったですが、twitterにAPIホワイトリストの申請をしたことろ、幸いにも受理されました。

何かバグや要望等ありましたら@onokennoteまで。