コラム

日々考えていることなどを。

地形とアイコン

永山祐子『丘のある家』 引っかかるところのあるものを気が向いた時にメモしてみる。 この人僕と同い年。地形としての強度。アイコンによるイメージの引き伸ばし。 都市型住宅の採光を確保するために考案したすり鉢状の白い屋根を、彼 […]

続きを読む »


原理・原則と強度について

原理原則だけでは息が詰まってしまう。 例えばコルビュジェは周りに原則を説いたけど、その原則を遵守すれば建築的強度が得られるかと言うとそうではない。 当のコルビュジェは原理・原則を超えた自由を愛したように思う。 それによっ […]

続きを読む »


地主たちはどんな戦略をとるべきか?

『遺伝子レベルとのフラクタルな関係で地域経済というものを捉え』るところが面白かったので脊髄反射的にエントリー。

続きを読む »


絶望と嗤いもしくは笑い

だめだこりゃ – 書評 – 団塊漂流:404 Blog Not Found そして極めつけが、このオビ。 [あなたは勝ち逃げできたか?] だめだこりゃ。そりゃ絶望しまっせ。 それにしてもこの絵は恐 […]

続きを読む »


Satsumatic × Architecture

金曜日、ひさしぶりに友人と会って話をした。 この友人と合うと何かしら発見があったり問題がクリアになったりして、いつもいい刺激をもらう。 先日行われたの「サツマティック」というNY展の仕掛け人でもあるのだけど、話をしている […]

続きを読む »


ハッピースカウター

たこはんさんのこの記事に便乗して、昔想像した事を。 ドラゴンボールのスカウターのようなハッピースカウターというものを装着していると想像してください。 目に見える、周りの人たちや犬や猫や植物や、いろんなもののハッピー指数が […]

続きを読む »


ハリボテ砂漠

僕が大学生のころ神戸の酒鬼薔薇事件があった。 それがあまりにショックで悶々としていたころ 宮台真司の『まぼろしの郊外』を読みさらにショックを受けた。 そのときのショックに対して落とし前をつけるために僕は建築に関っていると […]

続きを読む »


メタボザウルスは死んじゃいない(はぁ~~とかいってたら駄目やなぁ。)

9/27に解体予算が市議会を通過した都城市民会館。 その保存運動で走り回っているヒラカワさんの最新記事を読んで”はぁ~~とかいってたら駄目やねなぁ”と思いました。 この間のシンポジウムで彦坂氏の言葉に心を打たれたのも確か […]

続きを読む »


はぁ~~~~

・「現代建築の傑作」解体へ(2007/09/28付 西日本新聞朝刊) ・都城市民会館来年1月にも解体(asahi.comマイタウン宮崎) ・市側は淡々、反対市民は落胆都城市民会館解体決まる(2007/09/28付 西日本 […]

続きを読む »


勝ったどぉ~~~

明日以降、天気が大きく崩れるということで、今日はドライブに行きました。 出発前には唐船狭でそうめん流しを食べて指宿のなのはな館あたりでゆっくりしようか、と言っていたのですが、急に、串木野のまちの雰囲気(港やパラゴンとか) […]

続きを読む »


地方はどこへ向かうのか。(草稿)

またまたですが、たこはんさんのエントリーを読んで。 この本は未読なので読んだらまた別にエントリーを書きますが、とりあえず今漠然と考えていることについて。 反論の余地のある未熟な考えであることは分かっていますが、(草稿)っ […]

続きを読む »


ハガキ作戦参加望む

都城市民会館の保存に奔走されているヒラカワさんから下記のようなメールを頂きました。 9月議会に都城市民会館の解体を含む議案が上程されました。情勢はひじょうに厳しいと言わざる得ません。 つきましては、全国のみなさんから、市 […]

続きを読む »