ARGA 上棟式

今日は生憎の天気でしたが他でも上棟式、地鎮祭などの祭事・祝い事が多かったようですね。

こちらの物件は平面が角度を振ってる上に、屋根形状をシンプルに見せるために寄棟に近い形で3面を一点に集めているため、上棟までが一つの山だと思っていました。
でも、大工さんやプレカット屋さんやおかげでなんとかびしっと納まりホッとしています。

内部は面積のわりにかなりボリュームがあるように感じます。
基礎の段階ではかなり狭く感じましたが、基礎時と上棟時の広さの感じ方のギャップはこれまでで一番大きかったかもしれません。
平面を振ることでズルズルとした奥行きを作ろうとした狙いがあたったかもです。

まだ、いくつか山がありそうですが、気を抜かなければ良い感じになりそうな手応えを感じました。




レポートカテゴリー内の前後記事


全カテゴリー内の前後記事




コメント:0

コメント フォーム
情報を記憶

関連性の高い記事