1月2018年

B199 『環境構成の理論と実践ー保育の専門性に基づいて』

高山静子 (著)エイデル研究所; B5版 (2014/5/30) 環境構成という専門技術 この本では、さまざまな園の異なる実践に共通した原則を説明することを試みました。原則は、実践の骨組みとなる理論です。原則ですから、理 […]

続きを読む »


B197-198 『発達がわかれば子どもが見える―0歳から就学までの目からウロコの保育実践』『0歳~6歳子どもの発達と保育の本 』

乳幼児保育研究会 (著)ぎょうせい (2009/3/7) 河原紀子 (監修)学研プラス (2011/3/15) 保育期間の子どもは目まぐるしく成長していき、その発達段階に合わせて、必要な支援や環境に要求されるものが変わっ […]

続きを読む »


B196 『まちの保育園を知っていますか』

松本 理寿輝 (著)小学館 (2017/3/23) 子どもたちに多様な出会いの機会を 僕の大学の卒論は『コミュニティから見たコーポラティブハウスの考察』というもので、コミュニティというものを現代社会の中での有効性という視 […]

続きを読む »


B195 『ふじようちえんのひみつ: 世界が注目する幼稚園の園長先生がしていること』

加藤 積一 (著)小学館 (2016/7/22) コラボレーションの理想形 ふじようちえんは、佐藤可士和と手塚建築研究所がコラボレーションし、日本建築学会賞を受賞した建築として有名です。 この本は、そんなコラボレーション […]

続きを読む »


B194 『図解入門業界研究 最新保育サービス業界の動向とカラクリがよ~くわかる本[第3版] 』

大嶽広展 (著)4798050997 独立前の事務所では、幼稚園等の提案をしたりする機会もあったのでそれなりに勉強していましたが、制度の移り変わりが早い業界、もう一度いろいろ勉強し直してみようということで、保育園・幼稚園 […]

続きを読む »


B193 『内田祥哉 窓と建築ゼミナール』

内田 祥哉 (著),‎ 門脇 耕三 (編集),‎ 藤原 徹平 (編集),‎ 戸田 穣 (編集),‎ 窓研究所 (編集)鹿島出版会 (2017/10/5) 本著は建築構法学・ビルディングエレメント論(BE論)を唱えた内田祥 […]

続きを読む »


B192 『koshiki―ただ、島と生きている。』

著者:ヤマシタ ケンタ撮影:jijifilms 高比良 有城渕上印刷(2017/8) 戦闘モードが解かれる島 前回の読書では、社会に溶け込み、どこにいても<わたし>を目覚めさせようとする広告とそれに対する<気散じ>という […]

続きを読む »


B191 『広告の誕生―近代メディア文化の歴史社会学』

北田 暁大 (著)岩波書店 (2000/3/6) この本は2000年出版でだいぶ前のものだけど、たこ大の課題図書だったため興味を持ち購入したもの。 気がつけば読書記録も2年近くストップしていた。読みっぱなしで身につかない […]

続きを読む »


HTGH写真アップ

HTGHの写真アップしました。 実績のページより御覧下さい。

続きを読む »