「政府への信頼」と「市民相互の信頼」を確立していくために B233『コロナが変えた世界』(ele-king編集部)

ele-king編集部 (編集)
Pヴァイン (2020/6/24)

ウイズコロナの時代をどういった思想を拠り所としていけばよいか。もしくは、拠り所としてはいけないか。
自分の中でもそういうところが今もぼんやりとしています。

コロナに関連したものを次の業態はこうなる的なもの以外で何か読もうと思って探していたところ、宮台真司や篠原雅武と言った名前(他にも内田樹や上野千鶴子など)を見てこれを読んでみることに。

だいぶ前に読み終えてましたが、流石に賞味期限が切れるので、今のうちに何か書いておこうと思います。

こういう複数の人が寄稿したようなタイプの本はなかなか感想を書きにくいので、理路整然とした宮台真司の寄稿文を下敷きに書いてみます。
(例のごとく、宮台真司の文章は無駄がなく組み立てられていて、ほとんど要約の余地がない密度なので関心のある人は本書を読んでみてください。)

感情の劣化と加速主義

こういう国または社会で乗り越えなければならない危機においては、「政府への信頼」と「市民相互の信頼」が必要と言います。
しかし、残念ながら日本ではそのどちらもない。

また、民主政の前提となる「他者の生き方や価値観に目を向け耳を傾ける」ような能力が劣化している(感情の劣化)と言います。
オカミに抗って市民社会を勝ち取ったという歴史がないため、自分たちの社会を自分たちで守りメンテナンスするという発想がなく、オカミに思考停止で依存し、同調圧力に屈することを他人にも要求するような安全厨ばかりになる。

不確実な状況では、動的に認識を変更しつつ行動を変えていく必要があるのに、思考停止ゆえに安全よりも安心が優先される

そういう状況を変えていくには、個人が自立し、オカミをスルーして仲間で助け合い、最終的には知らない人同士が助け合い、知らない人に向けて税金を払う「公民的規範をベースにした普遍主義」を確立していく以外に道はない。
そのためには、一度絶望へと落ちるような加速主義の発想をすべきと言います。国への絶望が自治体の自立の出発点(希望)となり、自治他への絶望が仲間集団の自立の出発点(希望)となり、仲間集団への絶望が個人の自立の出発点(希望)となる。それを逆回しするように、個人が自立し、仲間集団が自立し、自治体が自立し、国が自立する。それ以外の経路はない。「任せられない」という絶望こそが希望であると。

思考停止を避けること

僕は、こういう加速主義自体が正解かどうかは分かりません。実際、周りを見渡すと、既に、個人の自立→仲間集団の自立(一部では→自治体の自立も)のようなことは少しづつ起こりつつあるように思います。(自分自身は個人の自立を目指すだけで精一杯だったりしますが・・・)
また、絶望へと落ちきるところまで猶予のない人もたくさんいるでしょう。

ではそのような中、どういった思想を拠り所としていけばよいだろうか。もしくは、拠り所としてはいけないだろうか。

「安心」するのではなく、他人への想像力を持ち、とにかく思考停止となることをさけ続けること。これはコロナ禍において大切なことと言い切って良いように思います。
だとすると、何か一つの思想を拠り所とすることもまた危ういことかもしれませんし、常に変化し続けられるような構えこそが必要なのかもしれません。(このブログでも最近は似たことばかり書いていますのでそこは深堀りしません。)

政府に期待すること

最初に書いた「市民相互の信頼」を確立するためには上に書いたような、他人への想像力を持ち思考停止を避け続けることを積み重ねて行くしかないのかもしれません。

では「政府への信頼」を確立するにはどうすればいいのでしょうか。(最終的には「市民相互の信頼」の先に確立されるものなのかもしれませんが。)

どこかで、こういう不確実性の高い非常時の政府は、危機を乗り越えた暁には政権を降りる覚悟で、状況が刻々と変わる、その時々に決断を下し続けなければいけない、というような文章を読んだ記憶があります。

しかし、今の政府は(もしかしたら今の日本の政治の宿命なのかもしれませんが)一度決めたことは矛盾が明らかになってもなかなか変えられないように見えますし、それ故、責任を背負いながら決断をくだすことが難しくなっているようにも思います。
また、出された政策がどういう根拠に基づいて何を目的としているのか、いったいどのようなロードマップのどこに位置づけられているのか、政府として何を考えているのか、ということがほとんど見えてきません。前にも書きましたが、政策に政府のメッセージが見えてこない。(故に、解釈によって分断も起きる。)

前回読んだ本で、現在の医療分野では疫学的データによる統計的な根拠に基づいて医療行為を行うEBM(Evidence Based Medicine)が盛んであるとかいてありました。(なぜそうなるかというメカニズムの解明がなくとも、統計的にリスク要因を特定し管理することで健康を維持することができるという考え方。)

半年前ならまだしも、コロナについてかなりのことが分かってきていると思いますし、国をあげて疫学的調査をしたって良いと思います。

(タイムラグもある上、調査対象をどうするかで意味が変わり、検査陽性者と感染者も区別しないような)日々の感染者数を、ただ機械的に発表し、無駄に不安だけを煽るのではなく、EBMのように、きちんとした統計的なデータによる解析結果と、それを根拠としつつ、コストや経済などの他の要因を考慮した道筋を示し、説明しながら国民の信頼を得る、ということをやって欲しいと強く思います。(Evidence Based Policyのようなことがあるはずと思ったらウィキペデイアにありましたね。)

それでも不確実性は排除できなくて、間違うこともあると思いますし、道筋を日々調整していくことこそ必要だと思います。信頼を獲得するのが先か、信頼することが先か、というのはあるかもしれませんが、責任と根拠を持って決断をしたことに対しては、ある程度の失敗は許容するような市民が信頼する態度も必要かもしれません。

とにかく情報の公開とメッセージを

各市民が自立した判断をし「市民相互の信頼」を獲得していくためにも、もしくは、「政府への信頼」を獲得していくためにも、国でなければまとめられないような、人々の行動や国の方針のエビデンスとなりうる情報の公開と政府の描く道筋に基づいたメッセージを是非、発信していって欲しいですし、(ほとんどテレビを見ることはなくなりましたが)メディアもただ不安を煽るだけではなく、エビデンスとメッセージを正確に伝えるような番組作りが当たり前になればと思います。

もちろん、僕らもそれに頼り切ることなく、他人への想像力を持ち思考停止を避ける努力を続けなければいけないわけですが。







コメント:0

コメント フォーム
情報を記憶

関連性の高い記事