TKGA ~照国町の家

TKGA2
都市部の間口の狭い細長い敷地に立つ家。

間口が狭く、商業地域にあるため隣地の建物も迫っている敷地のため、光をどう取り込み、伸びやかな空間をつくるかがテーマとなった。

クライアントの要望から普段の生活空間は2階部分に集約することとし、それによってリビング等は奥と手前の個室に挟まれることになった。
その中で、囲まれた安心感がありながら伸びやかな空間とするために、道路側の個室の高さを抑えてその上に高窓を設けたり、中央部付近に階段と屋上へのペントハウスを設けることで光を十分に取り入れ適度な空間の抜けが生まれるように配慮している。

屋上に都市部では貴重なプライベートテラスを設けたり、一階部分に通り土間や和室を設けたりと、2階に生活空間を集約することで思わぬ豊かな余剰空間を生むことが出来た。

内外の仕上げや家具家照明のしつらえ、内壁の自主塗装などでは住宅では不可欠な適度な親密さと距離感のようなものが良い感じで実現できたのではと思う。

2014年3月竣工 住宅
敷地面積:105.02㎡(31.76坪)
延床面積:143.47㎡(43.40坪)
構造:木造2階建て
施工:ジーテック

■ブログの関連記事はこちら。
TKGA4-500
TKGA6
TKGA9-500
TKGA11
TKGA12
TKGA16-500


※写真撮影 Contrail