設計事務所って何するところ?

設計事務所はお客様の代理人として様々な業務をこなす身近なパートナー

設計事務所は調査企画各種設計見積精査施工者選定確認申請現場監理など、さまざまな業務を行ないながら、依頼者の思いをかたちにするお手伝いをします。
専門的な知識とアイデアの引き出しをもとにさまざまな業務をこなす代理人だとお考え下さい。

私たちはいつでもお客様の身近なパートナーでありたいと願っています。

設計事務所という選択は合理的な方法の一つ

設計事務所で(例えば)家を建てることは何も特別なことではありません。
自分にあった家を
安心して適正価格で手に入れるための一つの合理的な方法です。

設計事務所に依頼する3つのメリット

設計者がお客様の代理人となることで、さまざまなメリットが生まれます。

[ メリット1 ]お客様に合わせたこだわり空間が実現できる

設計者はお客様の要望や予算、敷地の状態など、さまざまな条件に対してプロとしてのたくさんの引き出しを持っています。
それを元に模型やCGを使って説明しながら、愛着のもてるこだわりの空間を共につくりあげていきます。
この部分にとことん力を注ぎ込めるのが設計事務所の最大のメリットだと言えます。

[ メリット2 ]予算の有効利用と適正価格が実現できる

設計料は余計な費用だと思われがちですが、一般的にメーカーなどではかなりの営業・広告費用がかかっています。それが結局お客様の建設費用から捻出されていることを考えると、同じ予算で考えた場合に建物そのものに掛けられる費用やエネルギーは設計事務所に頼んだ場合の方が多く、設計事務所という選択はコスト面でも合理的な選択の一つと言えます。

また複数の施工者から相見積もりをとることで競争原理が働くので適正価格が守られ、コストの透明化がはかられます。

[ メリット3 ]第三者による監理で品質と安心が確保できる

工事が始まると「実際に設計図通りに設計されているか」「必要な品質が確保されているか」を専門家の視点からチェックします。このチェックが確実に機能するためには設計事務所のように施工者に対して第三者としての立場であることが重要です。

設計監理料について

規模や工事種別によって細かく設定してあります。
例えば当事務所で一番多い、50㎡以上150㎡未満の新築物件については

設計監理料=基本料金300,000円+面積単価13,000円/㎡×床面積㎡

と設定しています。
例えば100㎡(30坪程度)の場合160万円+税となります。

詳しくは下記PDFファイルをご覧下さい。

設計監理業務報酬額の算定表
【はじめに】簡単な仕事の流れ(主に新築の場合)

かごしま子育て支援パスポートご提示の方は住宅新築の設計監理料を150,000円オフとさせて頂きます。(但し、値引き後の最低金額は120万円とさせていただきます。)

まずは気軽にご相談下さい。

住宅に限らずどんな建物の事でも構いません。
まずは気軽にご相談下さい。
(リノベーションに関する考え方はコチラ