noona 写真アップ

家具が届いた、とのことで改装した美容室の撮影に行ってきました。(sakuさんの花とも初対面) 当初新築で、とのことでしたが予算の都合で車庫を改装することに。 亡くなられたお父様のつくられた車庫や倉庫に置かれていた材料など […]

続きを読む »


SDGO 足場解体

5月は雨が多く、外周りがなかなかできなかったのですが、ようやく足場が外れました。 色味は時間帯の影響もあるかもしれませんが、いい感じのしっとりとした白で満足できる仕上げになったと思います。 内部はこれから無機質な方向でか […]

続きを読む »


B190 『アトリエ・ワン コモナリティーズ ふるまいの生産』

アトリエ・ワン (著)LIXIL出版 (2014/4/25)

続きを読む »


B189 『流れとかたち――万物のデザインを決める新たな物理法則』

エイドリアン・ベジャン (著)紀伊國屋書店; 46版 (2013/8/22)

続きを読む »


建築論 Deliciousness / Encounters おいしい知覚 – 出会う建築 アップしました。

最近まとめて読んだ生態学関連の本から発想を得て、これまでこのブログで考えてきた建築に関することを一つにまとめました。 ご笑覧頂けると幸いです。 こちらのページからPDFファイルをダウンロードできます。 Delicious […]

続きを読む »


B188 『経験のための戦い―情報の生態学から社会哲学へ』

エドワード・S. リード (著)新曜社 (2010/3/31)

続きを読む »


B187 『アフォーダンスの心理学―生態心理学への道』

エドワード・S. リード (著)新曜社 (2000/11)

続きを読む »


B186 『知の生態学的転回3 倫理: 人類のアフォーダンス』

河野 哲也 (編集)東京大学出版会 (2013/8/26)

続きを読む »


B185 『生態学的視覚論―ヒトの知覚世界を探る』

J.J.ギブソン (著)サイエンス社 (1986/03)

続きを読む »


SSRK 写真アップ

SSRKの写真アップしました。 実績のページより御覧下さい。

続きを読む »


MKGT 写真アップ

MKGTの写真アップしました。 実績のページより御覧下さい。

続きを読む »


レビュー04「建築の素材」 403architecture [dajiba]辻琢磨

先日403architectureの辻さんを招いてのケンペケがあったので参加してきました。 自分なりに何か得るものがあったのでメモとして書いておきます。 メタとベタ、意識と行為 予習で意識していた二つの問い、 ■オノケン […]

続きを読む »


たこやき大学2015「メディアと共同体」メモ

先日年末恒例のたこ大があったのですが、予定が合いそうだったので忘年会のノリで参加してきました。 例年以上にモヤッとした感じでしたが、chanさんがうまくまとめて下さってました。おおまかな流れはこちらで。 ■たこやき大学の […]

続きを読む »


B184 『知の生態学的転回1 身体: 環境とのエンカウンター』

佐々木 正人 (編集)東京大学出版会 (2013/6/29)

続きを読む »


ケンペケ04 予習

12月のケンペケに辻琢磨さんにお越しいただく予定なのですが、そのための予習として現時点で考えたことをまとめておきたいと思います。 「建物」と「建築」の分断を乗り越える。 一言でいうとすれば、私は建築を流動状態として捉えて […]

続きを読む »


建築の自立について

twiiterで知り合って以前から一度お会いしたいと思っていた高知の建築士の方が鹿児島に来られるということで週末に鹿児島を案内させて頂いた。その時にブログを再開したと聞いたのでそれを読んだり、本人とお話させていただいた中 […]

続きを読む »


B183 『隈研吾 オノマトペ 建築』

隈 研吾 (著)エクスナレッジ (2015/9/19)

続きを読む »


振り返り

過去のブログを振り返り、次への問いを抽出するためのメモ 『ケンペケ03「建築の領域」中田製作所』 ここでの大きな問いは『「建てること」と「住まうこと」の分断をどう乗り越え、それによって住まうことの中に建てることを取り戻す […]

続きを読む »


折り紙を展示させていただくことになりました。

しばらく前からはまっていた折り紙。ひょんなことから展示させていただくことになりました。 場所:山形屋中4階 What 期間:10/7-20 170体ほどのいきもの大行進、なかなかの迫力になったと思います。 殆どは他の作家 […]

続きを読む »


SDGO 川内の家

川内の細長い敷地に建つ家。 ファーストプレゼン後の要望を反映させながら修正案を検討中。 最後の一押しをなんとか探し当てたい。

続きを読む »