9月2008年

mound-in

切妻屋根の勾配を利用したスキップフロアの案を考えていたのですが、その際、屋根と大地に関係が生まれるぐらいに軒の高さを思いっきり低くして、上階からアプローチするようにしました。 切妻のヴォリュームをくりぬいたようなアプロー […]

続きを読む »


再発見

最近の建築の傾向(特に若手)を捉えるキーワードの一つに「再発見」があると思います。 ■ 「TEPCOインターカレッジデザイン選手権2008」応募要項 – KENCHIKU 家型は二度再発見されたわけだが、前回 […]

続きを読む »


B144 『虫眼とアニ眼』

養老 孟司 (著), 宮崎 駿 (著) 新潮社 (2008/1/29) マティックさんのところで紹介されていて面白そうだったので即買いしました。 2002年に出版されていたものの文庫版のようです。 これが460円で手に入 […]

続きを読む »


地形と意志

洞窟のように意識を超えた地形のような建築のあり方というものを考えた時、それだけじゃなんか足りないような気がしています。 その地形のようなあり方というのは意志を受け止めるだけの許容力があるという意味において魅力的なのであっ […]

続きを読む »


同じ親ページを持つ子ページ間でnext-page等のナビゲーションを表示するプラグイン[WORDPRESS]

を探していたのですが、このあいだようやく発見しました。 投稿にはprevious_post_linkやnext_post_linkというテンプレートタグがあるのですが、ページにはなぜかない(と思う)のでこれまでは手動でナ […]

続きを読む »


face-to-face

フタのない箱と箱とを向かい合わせに並べて立てて、そのはさまれた内部に住む。 細長い多数の空間をつくり好きな居場所で過ごす。 ガラスを通して全体がやんわりとつながる。 最初はぐるぐると廻っていかないと最後のところにはつかな […]

続きを読む »


IEってほんとに・・・

今日、久しぶりにInternetExplorerでサイトを見てたら表示にいろいろと不具合がでてる。 それを直すのに何時間もかかってしまいました。無駄な時間使った・・・。 IEを無視したいところですが、このサイトを訪れて下 […]

続きを読む »


W042『すごいぞ!加治木のまち歩きRETURN』

加治木でのかごしま探検の会のウォークラリーに参加してきました。 雨が降りそうなのでどうしようか迷ったのですが結局息子を連れて二人で行きました。 同じ会に参加するおばあさんが「東川さんは晴れ男だから大丈夫」と言ってた通り、 […]

続きを読む »


FLASH

昔いじってたFLASH5を引っ張り出してきて、トップページのアニメーションを作ってみました。 モーショントゥイーンはなんとなく覚えてたようです。 5年ほど前はオールFLASHのホームページにしてたのですが更新がしずらいの […]

続きを読む »


eulerian cycle

与条件のスタディ。 一筆書きで環をなす一枚の壁・スラブで空間を作る試み。 どこまでもつながっていく壁がイメージを引き伸ばす。 実は藤本壮介のK Houseを横に倒してみようとしただけなのですが。 昨日垂水へ行くフェリーの […]

続きを読む »


雑誌をみて

帰りにちょっと本屋によって雑誌を見てたら「新建築」に藤本壮介のHouse Nが載ってました。 どんな空間になるんだろうかと思っていましたが、実物の写真を見ると初めてみるような空間でした。 写真だけなんで、実際に長時間過ご […]

続きを読む »


複雑な心境です。

こないだ提出したプロポーザルですが、15社の中、ウチの事務所に決まったみたいです。 所長は喜んでいましたが、正直、複雑な心境。 審査講評を読む限り、当たり障りのないことしか書いておらず、うまくまとまっている、つまりパズル […]

続きを読む »