大晦日

早いもので今年ももう終わりですね。 今日の夜から新居に滑り込み、なんとか今年中に引っ越すことが出来ました。(まだ、こまごまとしたのは残っていますが) まだ、整理中ですが、新居では納戸の3畳を書斎として使えることになったの […]

続きを読む »


おのけんのーと(ひらがな版)

思うところがあって、DIARYのカテゴリーを別ブログに移しました。 »おのけんのーと »おのけんのーとRSS もし、よろしければこちらもどうぞ。

続きを読む »


WORDPRESS2.7

すごい勢いでヴァージョンアップしているWORDPRESSの2.7がリリースされました。 2.5の時はプラグインの対応でてこずったので、あまり頻繁にアップグレードするのも怖いんですが、今回はそういうこともなさそうです。 2 […]

続きを読む »


リクエスト募集。

突然ですが、House-Studyのリクエストを募集します。 なんでもいいのですが、「○○の家」だとか「○○できる家」だとかワンフレーズで思いついたのをコメント又はメールで教えて下さい。 それをお題にして案になりそうなの […]

続きを読む »


ポストモダンなのかな。

友人の幻エントリーで思いついたのでメモ。 最近の若手の動向についてちょっと考えてみたのですが、純粋に個別の欲求に向かったり、”あり方”のようなものに向かっている感じがするのはある意味ポストモダンなのかなという気がします。 […]

続きを読む »


一歩の差

最近、更新が滞りがちなのでMEMOカテゴリーに逃げてみます。 独り言が多くなるかもしれません。 では。 たとえばその建築がキャラクターなり愛嬌なり色気なりを持てるか持てないかの一歩の差はどこから生まれるんだろう。 東京の […]

続きを読む »


B146 『14歳からの社会学 ―これからの社会を生きる君に』

宮台 真司(著) 世界文化社 (2008/11/11) 昔ほど突き放した感じがしなくなってきた著者が14歳(から)という年齢に対してどういう風に書くのか興味があったのと、もしかしたら『チャート式宮台真司』的な読み方もでき […]

続きを読む »


アンパンマンと森の学校

知覧であるアンパンマンショーの入場券があったみたいで家族3人+妻の両親でアンパンマンショーに行ってきました。僕は留守番してようかと思っていたのですが、知覧と加世田の間でちょうど「触れる」ArtsProject2008~か […]

続きを読む »


small-spiral

あんまり間があくとダメかと思い時間をみてとりあえずパースまで。 小さな木造2階建てでのリアリティーを考え直してみようというところからはじめてみました。 昔からスキップフロアーの複雑さが好きだったりするのですが、初心に戻っ […]

続きを読む »


under’s high vol.7

かかさず読んでるunder’s high。 今回はプレカリアートがテーマでした。 プレカリアートという言葉に初めて触れたのは「本が好き!」プロジェクトで献本していただいた『生きさせろ! 難民化する若者たち』。 […]

続きを読む »


B145 『数学ガール』

結城 浩 (著) 2007/6/27 たこはんさんの勧めで読んでみました。 いや、違った。 少し前にたこはんさんからUさん経由で 額面が1円、2円、3円、4円、……になっているコインがあるとする。合計n円を支払うためのコ […]

続きを読む »


心境の変化

先週、とある建物を設計する参考にと、九州内の先進事例を視察に行ってきたのですが、 そこで働いている方々の顔を見たり話を聞いているうちに少し心境の変化がありました。 制度そのもには多々の問題があるかも知れませんが、そこで働 […]

続きを読む »


サイエンス チャンネル

■さつませんだい徒然草:ヴァーチャル社会見学!? – livedoor Blog(ブログ) こんなのがあるなんて知らなんだ。 THE MAKINGも面白そうですが、 こんなシリーズや ■サイエンス チャンネル […]

続きを読む »


parallel-wall

うーん、ペースがめちゃくちゃ。 のんびり続けてたHouse Study、進まない時は半年以上放置してたりするんですが、このごろ1週間やそこらのペースになっています。 子供を寝かしつけてからの2、3時間で作業をしているので […]

続きを読む »


mound-in

切妻屋根の勾配を利用したスキップフロアの案を考えていたのですが、その際、屋根と大地に関係が生まれるぐらいに軒の高さを思いっきり低くして、上階からアプローチするようにしました。 切妻のヴォリュームをくりぬいたようなアプロー […]

続きを読む »


再発見

最近の建築の傾向(特に若手)を捉えるキーワードの一つに「再発見」があると思います。 ■ 「TEPCOインターカレッジデザイン選手権2008」応募要項 – KENCHIKU 家型は二度再発見されたわけだが、前回 […]

続きを読む »


B144 『虫眼とアニ眼』

養老 孟司 (著), 宮崎 駿 (著) 新潮社 (2008/1/29) マティックさんのところで紹介されていて面白そうだったので即買いしました。 2002年に出版されていたものの文庫版のようです。 これが460円で手に入 […]

続きを読む »


地形と意志

洞窟のように意識を超えた地形のような建築のあり方というものを考えた時、それだけじゃなんか足りないような気がしています。 その地形のようなあり方というのは意志を受け止めるだけの許容力があるという意味において魅力的なのであっ […]

続きを読む »


同じ親ページを持つ子ページ間でnext-page等のナビゲーションを表示するプラグイン[WORDPRESS]

を探していたのですが、このあいだようやく発見しました。 投稿にはprevious_post_linkやnext_post_linkというテンプレートタグがあるのですが、ページにはなぜかない(と思う)のでこれまでは手動でナ […]

続きを読む »


face-to-face

フタのない箱と箱とを向かい合わせに並べて立てて、そのはさまれた内部に住む。 細長い多数の空間をつくり好きな居場所で過ごす。 ガラスを通して全体がやんわりとつながる。 最初はぐるぐると廻っていかないと最後のところにはつかな […]

続きを読む »