1月2007年

B090 『99人のデザイナーとつくる未来の本』

萩原 修 (2005/09) ラトルズ 99人のデザイナーがそれぞれの架空の本のタイトルを設定すると言うかたちで発想の原点のようなものを少しづつ紹介していく。 「デザイナーなんていなくてもいいと考えることがある。それぞれ […]

続きを読む »


B089 『space 狭小住宅:日本の解決法』

マイケル・フリーマン、境 紀子 他 (2005/02/11) 河出書房新社 アジアのデザインに詳しいロンドン在住の写真家が日本のコンパクトな住み方を紹介。 しかし、”狭さ”も楽しめるひとつの特色となりうる。 この本でも紹 […]

続きを読む »


オープンハウス

ASJ主催の住宅オープンハウスがあったので行ってきました。(設計:CASE施工:阿久根建設) 写真は住宅と言うことで残念ながらNG。 風の通りや光の導き方、動線などをしっかり誠実に考えた住宅でした。 特別奇をてらったよう […]

続きを読む »


B088 『建築の可能性、山本理顕的想像力』

山本 理顕 (2006/04) 王国社 山本理顕の著書を読むと、建築にも何かやれそうな気がして勇気が出る。(というかほとんどは何もやってこなかったんじゃないか) 彼ほど、制度に対して逃げずに真摯に取り組んでいる建築家、建 […]

続きを読む »


ゆらり

つんく♂と糸井重里の対談の”ゆらり”にドキリとする。 なんとなくゆらぎのようなものを捉まえるには自分もゆらぎに身を任せないといけないような気がするときがある。 まじめに硬くなりすぎると何かを取りこぼしそうな気がして。 だ […]

続きを読む »


B087 『昭和モダン建築巡礼 西日本編』

宮沢 洋、磯 達雄 他 (2006/10) 日経BP社 日系アーキテクチュアの連載をまとめたもの。 戦後の1945から1975年に建てられたモダニズム建築を西から順にレポートしていくのだが、スタートは宮崎の都城市民会館で […]

続きを読む »