読書記録

気がついたらなんとなく過ごす日々が多くなっていた。
本棚の本も読み流したままで自分の言葉にする作業を怠っていた。
脳みそも錆付きかけている。
そんな日常から抜け出すために溜まった本を読み返し、そこから自分の言葉を見つける作業を始めよう。
そうして、見つけた言葉の断片を寄せ集めて、もう一度自分の地図を描こう。

ということで続けてきましたが、とりあえず目標の100冊は達成しました。
これからもぼちぼちやっていきます。



B177 『小さな矢印の群れ』

小嶋 一浩 (著)TOTO出版 (2013/11/20)

続きを読む »


B176 『知の生態学的転回2 技術: 身体を取り囲む人工環境』その3

onokennote:『知の生態学的転回2』で今まで読んだ部分だと熊谷晋一郎氏の話が一番ヒットした。障害者の自立に関するリアルな問題が捉え方の転換で見事に理論と道筋が与えられていたし、固有の単語を設計を取り巻くものに変え […]

続きを読む »


B176 『知の生態学的転回2 技術: 身体を取り囲む人工環境』その2

前回に続き『知の生態学的転回2 技術: 身体を取り囲む人工環境』について。 今回は『第3章「つくる」と「つかう」を超えて(関博紀氏)』の部分。 |  なぜ設計と利用とを一元的に捉える必要があるか 建物をめぐって、わたした […]

続きを読む »


B176 『知の生態学的転回2 技術: 身体を取り囲む人工環境』その1

村田 純一 (編集)東京大学出版会 (2013/7/31)

続きを読む »


B175 『たのしい写真―よい子のための写真教室』

ホンマ タカシ (著)平凡社 (2009/05)

続きを読む »


B174 『建築と言葉 -日常を設計するまなざし 』

小池 昌代 (著), 塚本 由晴 (著) 河出書房新社 (2012/6/9)

続きを読む »


B173 『考えること、建築すること、生きること』

長谷川豪 (著) INAX出版 (2011/12/30) ARCH(K)INDYでお話を伺ってから気になってて、だいぶ前に買って読んでいた本。 ■オノケン【太田則宏建築事務所】 » ARCH(K)INDY vol.8 他 […]

続きを読む »


B172 『アルゴリズミック・アーキテクチュア』

コスタス・テルジディス(著),田中浩也,荒岡紀子,重村珠穂,松川昌平(翻訳) 彰国社 (2010/02) おそらく他の本と勘違いしてコードばかりの内容だと思ってたのですが、不意に見た下記の冒頭文(推薦文)で興味を持ったの […]

続きを読む »


B171 『アーキテクト2.0 2011年以後の建築家像』

藤村 龍至 (著), TEAM ROUNDABOUT (著) 彰国社 (2011/11) サブタイトルに「2011年以後の建築家像」とありますが、建築家像は果たして更新されるべきなのか、更新されるとすればどういったものに […]

続きを読む »


B170 『建築に内在する言葉』

坂本一成 (著), 長島明夫 (編集) TOTO出版; 1版 (2011/1/20) マルヤのジュンク堂に寄った時にお目当てがなくて、ふと目に入って買った本。 たまにはがっつりした建築論を読みたいと思ってたのと、坂本さん […]

続きを読む »


B169 『ウィトゲンシュタインの建築』

バーナード・レイトナー (著), 磯崎 新 (翻訳) 青土社; 新版 (2008/6/20) 読書会の3回目に井原先生にウィトゲンシュタインについてちょっとした解説を頼まれたので、読んでみました。 それをもとに、『定本 […]

続きを読む »


B168 『定本 柄谷行人集〈2〉隠喩としての建築』

柄谷 行人 (著) 岩波書店 (2004/1/28) 鹿児島大学の井原先生より全3回の読書会にお誘い頂いたので参加してきました。(2回目は日程を勘違いして不参加という失態を犯してしまいましたが・・・) 学生の頃に磯崎さん […]

続きを読む »