2才児にとっての”じりつ”とは何か

2才児にとっての”じりつ”とは何か。
そんなお題を頂いたので、ちょっと考えてみたいと思います。

じりつには自立と自律があります。
分析記述言語では自立とは構造に帰属され、自律とはシステムに帰属されるそうです。
では、乳児から幼児へと大きく変化する間にいる2才児にとって、獲得すべき自立・自律とはどういうことを言うのでしょうか。

自立について

自立とは構造に帰属される、すなわち何らかの状態のことを指します。
脳性麻痺を抱え車椅子生活を送る熊谷晋一郎氏は、自立とは何にも依存していない状態ではなく、依存先を分散し無自覚に依存できている状態のことだと言います。

他者から切り離されているのでは単なる孤立ですが、そうではなく、むしろ他者の存在によって初めて成り立つような関係性の中にこそ自立があるのです。
自立とは、他者・環境と適切な関係を切り結ぶことができている状態のこと、と言って良いように思います。

自律について

一方、自律とはシステムに帰属される、すなわち、どのようなはたらきの中にいるか、そのあるはたらきのことを指します。
外から与えられた要因を受動的に処理するような機械的なはたらきは他律であり、自律とは環境に能動的にはたらきかけることで動き続けるような生態学的なはたらきのことだと言えます。
受動ではなく能動性の中にこそ自律があるのです。

遊びと自立・自律

このように、自立し自律できるとは、環境に能動的にはたらきかけることで他者・環境と適切な関係を切り結ぶことができている状態のこと、と言えるように思います。

これは保育における「子ども観」「保育観」と大きく関わります。
『学びを支える保育環境づくり: 幼稚園・保育園・認定こども園の環境構成』では子ども観、保育観の変化を、子どもは環境から刺激を与えられて知識を吸収する受動的な存在ではなく、自ら環境を探索し、体験の中から意味と内容を構築する有能な存在であり、遊びは子ども自身がつくりだすもの。また、保育者は子どもに教えるのではなく、子ども自身が環境に働きかけ、自ら遊びをつくりだせるような環境を構成しなければならない、としています。
このことは国の指針「幼稚園教育要領」や「保育所保育指針」「幼保連携型認定こども園教育・保育要領」にも明確に位置づけられています。

これはまさしく、子どもが自立及び自律できることを援助することが保育に求められる、ということを指しているように思います。
そして、未就学児においてそれは日々の生活、特に遊びを通して獲得されるものであり、遊びと自立・自律は切り離すことができません。

自立と自律を保障する園の条件

では、そのためには何が必要でしょうか。
著者は同書で紹介された保育環境の共通項として、

 ・子どもが安心できる環境
 ・多様性を尊重できる環境
 ・子どもの活動が継続的に考えられていること
 ・試行錯誤ができること
 ・創造的でオープンエンドな活動

の5つを挙げ、さらに保育者の共通項として「子どもの力を信じていること」を挙げています。
園の設計において、これらの支えとなるような環境づくりを念頭に置く必要があり、それによって子どもの自立と自律が保障されるべきなのだと思います。

逆に言うと、これらが担保されていない状態や、子どもを受動的な存在と捉える子ども観や保育観が子どもの自立と自律の障害となるのかもしれません。

2才児にとって自立・自律とは何か

0~2才児は、仰向けから寝返り、ズリバイから4つばい、つかまり立ちから歩行へと移動能力を身につけ、環境との関わり合いの可能性が爆発的に増える時期です。
そんな可能性のかたまりのような時期を過ごす子どもたちに必要なのは、自ら能動的に遊んでいいんだという安心感・肯定感と、その先に達成と喜びを見つけた、という多くの経験ではないでしょうか。

そして、その安心感・肯定感と経験とが、3~5才の就学前の多感な時期を存分に遊び学ぶための礎になるように思います。




コラムカテゴリー内の前後記事


全カテゴリー内の前後記事




コメント:0

コメント フォーム
情報を記憶

関連性の高い記事