スケールの橋渡し役となる。


建築が生活とミクロやマクロなスケールをつなぐ橋渡し役となること。

オノケンノート – スケール

毎日の自分の生活のスケールだけに浸かっていると、それが世界のすべてだと錯覚してしまいそうになる。
そんな時、空のスケールに触れると、自分のスケール感をリセットできる。
時には空のようなスケール、時には小さな花のようなスケールに触れるのは大切なことだろう。
自然の雄大さに比べたら建築なんて無力だなぁと思ってしまうこともあるが、日々の生活のスケールとマクロな又はミクロなスケールの橋渡しの役を建築ができればステキだろうな。

時にはフラクタルという楽器も使って。

”建築が橋渡し役”っていうのはいいかも。人と人との橋渡し、時間・歴史の橋渡しとか。




pickup | デザインのたねカテゴリー内の前後記事


全カテゴリー内の前後記事




コメント:2

    ポール's Gravatar ポール 09-03-31 (火) 19:27

    ゙時には空の雄大さ、小さな花の美しさに触れることも大切かもしれない゙、僕も職場に向かう途中、空を見たり、小さな花を見て感動している、ロマンシズムな文体がとても味わいぶかいね。

    オノケン's Gravatar オノケン 09-04-03 (金) 5:56

    >ポールさん
    コメントありがとうございます!
    最近は忙しすぎてこういうことも感じる余裕がなかったのですが、あんまりいいことじゃないなぁと思いました。
    何かを感じられる最低限の余裕だけは心の隅に残しておかないと。反省です。

コメント フォーム
情報を記憶

関連性の高い記事