B183 『隈研吾 オノマトペ 建築』

隈 研吾 (著)
エクスナレッジ (2015/9/19)

隈さんの本やアフォーダンスの本は時々読んでいる。
けれども、アフォーダンスで環境を読み込み設計を行うプロセスに関するものは何度か目にしているが、環境となる建築そのものの現れに関する具体的な事例はあまり見たことがないように思う。

プロセスにおいても現れにおいても、その足がかりとしているのがオノマトペのようだ。
そこにアフォーダンス的な知覚、身体、体験といったものの感覚を載せることでモノと人との関係を調整しているように思われるが、その感覚を載せられる(体験を共有・拡張できる)という点にこそオノマトペの利点があるように感じた。

出来上がった作品や手法を見ると一見モダニズム以降の定番のもののようにも思えるが、そういった視点で眺めるとオブジェクト・形態を設計するのではなく体験を設計しているという点で根本的な違いがあるように思えてくる。
いや、モダニズムでも体験は重要な要素であったかもしれない。では、違いはどこにあるのだろうか。

うまく掴めているかは分からないけれども、氏の「物質は経験的なもの」という言葉にヒントがあるような気がする。
モダニズムにおいては建築を構成する物質はあくまで固定的・絶対的な存在の物質であり、結果、建築はオブジェクトとならざるをえなかったのだろうか。それに対して物質を固定的なものではなく相対的・経験的にその都度立ち現れるものと捉え、建築を関係に対して開くことでオブジェクトになることを逃れようとしているのかもしれない。

本書では圧力という言葉が何度も出てきているが、オブジェクトとそれぞれのオノマトペから受ける印象を、人と物質との関係(圧力)という視点で漫画にするとこんな感じだろうか。

onomatope

翻って、自分がよく直面する予算の厳しい小さな住宅ではこれをどのように活かせるだろうか。
ここにある多くの手法は予算的に難しいように思うが、反面、身体的なスケールに近いため注意深くオブジェクトになることを避けることで関係性を築きやすいような気もする。
そのためには自分なりのスケールに適合したオノマトペのようなものを見つける必要があるのかもしれない。

また、写真を眺めていると、建築が自然のような環境としてではなく、ガイア的な生命をまとっているもののように見えてくる瞬間があった。そこでは何か、野生の生存競争に投げ込まれたような恐怖を感じた。
それは、写真を見ただけで実際に体験していないからかもしれないし、建築をオブジェクトとして捉えることが染み付いているからかもしれないし、アフォーダンス的な何かが生存に関わるなまった感覚を刺激したからかもしれない。(見る時で感じる時とそうでない時があるので体調にもよるかもしれない)
大きなスケールの場合、もっと環境そのものと同化するような工夫がいるような気もするし、なまった感覚の方に問題があるような気もする。この辺のことはよく分からなくなってしまったので一度体験して見る必要がありそうだ。




読書記録カテゴリー内の前後記事


全カテゴリー内の前後記事




コメント:2

    チョルムイ's Gravatar チョルムイ 15-10-31 (土) 15:06

    「物質は経験的なもの」!!。かつて、カーンさんが言った「レンガさん、何になりたいの?」という言葉を、最近よく実感しますw 。異国の地にいると、ギャップが大量に発生するので、モノや環境との間に、フワフワ、ときにビビッと「曖昧な引力さんと、軽率な浮力さん」が現れてくる共感覚。経験と記憶を調停する質料因がヘバリついている感じでww  「オノマトペ」って初めて知りました〜。本読んでみますね。オノケンさんって、妖精みたいな人ですねー(笑)

    オノケン's Gravatar オノケン 15-11-01 (日) 0:44

    素朴に物質に向き合えるのが羨ましかったり。
    ギャップを強引に見えなくしたようなものつくりの状況の中であくまで計画の概念を用いてそのギャップとその間に浮遊する感覚をどこまで取り戻せるのだろうか。
    ってか、妖精って何じゃ???ただの悩める凡人だすw

コメント フォーム
情報を記憶

関連性の高い記事