何の恨みが・・・

下請け仕事で確認申請の準備をしてるんだけど、単純な平屋のS造で構造計算書が約1000枚。それを正副2部プリントアウトしなくてはいけない。(これまでは100枚程度だった。)

構造事務所に聞いたところまだましなほうで、 多いところでは万を超えるそう。そこまでいくと怒りを通り越して笑ってしまいます。

今回の建築基準法改正で増えた認定書なんかの書類ももそうとうな枚数になるけれども、今の時代にこれだけ無駄な紙を使わせるなんて・・・。

構造計算書はほとんど文字情報なんでPDFなどの電子データだと数MBで納まる。

認定書にしたって、役所の側でデータベースをきちんと構築していれば認定番号リストですむはずだ。

法改正に携わった人は建築士によっぽどの 恨みがあるかよっぽどの馬鹿だとしか思えない。

今回の改正で本気で設計やめようかと思っている人が結構いるみたいだけど、役所の言い訳のために膨大な作業とコストを押し付けられたんじゃほんとやってられません。

みんな怒ってますが、いつまでこのやり方を続けるつもりでしょうか・・・。




その他カテゴリー内の前後記事


全カテゴリー内の前後記事




コメント:2

    hirahira's Gravatar hirahira 07-09-06 (木) 21:50

    それはすごい、ほんとうですか。
    ほんとうに、今回の改正は日本の経済を停滞させ、環境を悪化させるだけのものですね。
    話はかわりますが、オノケンさんは屋久島出身ですか?
    いちど縄文杉と山昇りにいきたいと願っているのですが、なかなか実現できません。市民会館がなんとかなったら行きたいです。

    オノケン's Gravatar オノケン 07-09-06 (木) 22:39

    万のものを実際見たわけではないのですが、平屋のS造で1000枚だからモノによってはそれぐらいはいくかも知れません。

    生粋ではありませんが(中学のときに関西の方から引っ越してきました。)、今は故郷です。
    縄文杉、僕も一度しか行ったことがありませんが感動しましたよ。
    市民会館が良いほうに向かった暁には縄文杉の下でビールを一杯、っていうのもいいですねー。(市民会館と関係がないか・・・)

コメント フォーム
情報を記憶

関連性の高い記事