ジュニア・チャンプルー

象のブログを発見。
その中の故・大竹康市を偲ぶところが心に響く。

象の本を読んだときのように、なんだかため息が出てしまいました。

ここにもでてくる菊野憲一郎さんという方は、どうも今は加世田で活動していらっしゃるよう。一度お会いしてみたいです。




コラムカテゴリー内の前後記事


全カテゴリー内の前後記事




コメント:0

コメント フォーム
情報を記憶

関連性の高い記事