B086 『にほんの建築家 伊東豊雄・観察記』

にほんの建築家 伊東豊雄・観察記 瀧口 範子 (2006/02)
TOTO出版


同じ著者のコールハースについてのドキュメントではコールハースに振り回されて、若干消化不良な感じがした。(それこそがコールハースの行動力や掴みどころのなさを表していたともいえるが。)

この本では著者の目線が抑えられていたが、その分(?)伊東さんがうまく捉えられていたように思う。

僕の中の自由への憧れも、かなりの部分は伊東さんやその他の建築家の直接的・間接的影響によって無意識のうちに形成されたのかもしれない。(というか、そうだろう)

は~ぁ。伊東豊雄、かっこ良すぎるなぁ。
こんなにわくわくさせてくれる人は他にいない。影響されないようにしても無理な話だ。(一見、分かりやすいので真似をするのは危険すぎますが)
このままコルになるんじゃなかろうか。

新建築サイトの藤本壮介との対談動画も面白い(※)。同じ対談でも動画って間の取り方なんかがわかるので文章に比べて断然情報量が多いのですね。
展覧会行きたいなぁ。※今なぜか新建築のサイトにつながりません。動画は新建築11月号の目次から見れます。




読書記録カテゴリー内の前後記事


全カテゴリー内の前後記事




コメント:2

    チエ's Gravatar チエ 06-12-04 (月) 23:46

    TITLE:
    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    はじめまして。
    ちょくちょくのぞかせてもらっていました。
    東京オペラシティーの展覧会行ってきました。
    素人の私もわくわくするとてもステキな展覧会でした。

    03r's Gravatar 03r 06-12-05 (火) 12:10

    TITLE:
    SECRET: 0
    PASS: c7ceb497ca26bd1db53286008555d0c0
    >チエさん。
    はじめまして。コメントありがとうございます。

    展覧会行かれたんですね。うらやましいっ。
    建築の展覧会も一般の人がわくわくできるものになりつつあるようですね。

    その辺が伊東さんはじめこのごろの建築の突き抜けたところだと思います。

    またちょこちょこ見てくださいな。

コメント フォーム
情報を記憶

関連性の高い記事