B080 『白井晟一空間読解―形式への違犯』

安原 盛彦
学芸出版社(2005/09)

副題にあるとおり「形式への違犯」を読み解く。

モダニズムのルール(オキテと言ってもよい)は便利ではあるが、それだけでは何かが足りないものになってしまう。

白井にはそれに捉われない強さがあった。

ルールをほんの少しはみ出せるだけの強さをもつこと。
その強さは自分の中に見つける以外にない。
自由とは強さのことではないか。




pickup | 読書記録カテゴリー内の前後記事


全カテゴリー内の前後記事




コメント:0

コメント フォーム
情報を記憶

関連性の高い記事