中心市街地の存在理由って何?

川内の友人がまちづくりに関わっているのですが、関心があったので川内を案内してもらいました。

時間不足であまりつっこんだ話はできなかったので、ここではとりあえず川内を案内してもらう前から漠然と思っていたことを書くことにします。

中心市街地の存在理由って何?

「まちづくり」についてはまだきちんと体系立てて勉強したことがないのでごくごく基本的な疑問になって申し訳ないのですが、中心市街地の存在理由って何なのでしょうか。

消費が郊外の大型店舗に逃げているということは、多くの消費者がそちらを選択したということで、選挙で言えば先日の自民党のように大敗したようなものです。(大多数の瞬間的な選択が必ずしも豊かな未来を指し示しているとは限らなかったりもしますが)
極端な話、中心市街地の商店街なんて別になくてもいいじゃん、と言われたらなんと答えるでしょうか。

ここでちょっと[中心市街地存在理由]でググってみたところ下記のような文章に当たりました。(多少古い記事ですが)

S067中心市街地活性化への七つの扉

漠然と「買い回り商店街」あるいは「地域中心商店街」、「広域商店街」などという「定義」がされているかも知れませんが、この程度の定義では郊外型ショッピングセンターと区別が付きません。区別がつかないということは、無意識のうちに郊外型ショッピングセンターがやっている商売にはるかに劣る質と規模で追随している、ということです。
(中略)
商店街活性化=広域で分担する商業機能を決定し、機能を整備すること。それも「買い回り型商店街」などというレベルではなく、郊外型ショッピングセンターとの関係をはっきり認識したレベルで、存在理由=デスティネーションを設定し、充実させていくことが中心市街地活性化の最大の課題です。

僕も郊外の大型店だけあればいいとは思いませんし(どちらかというと昔ながらの商店街の雰囲気の方が好き)、まちには多様性があった方がいいと思います。

だけど、雇用や地域経済の問題、コミュニティや生活そのものの質・ライフスタイル又は高齢化の問題、その他いろいろな問題があるとは漠然と思っていても、「中心市街地の存在理由って何?」と聞かれてすぐに簡潔に説明できる言葉を持ち合わせていません。

中心市街地が「誰にとって」「どんな価値」がある(どんな価値を提供できる)のか、簡潔に誰にでも分かるように答えられるようでないと目的を共有し具体的に前に進んでいくのは難しいように思います。

・「中心市街地の存在理由」を簡潔に(例えば140文字以内で)書くとすればどうなるでしょうか。

・具体的に「誰にとって」「どんな価値」を(例えば優先順位をつけて10個)箇条書きで書くとすればどうなるでしょうか。

について別のエントリーで考えてみようかと思いますが、宜しければ皆さんの意見をお聞かせ下さい。

「誰にとって」の「どんな価値」にウェィトを置くかは場所によって異なるように思いますし、それによっても目指す方向に違いが生まれるように思います。




コラムカテゴリー内の前後記事


全カテゴリー内の前後記事




コメント:3

    twitter:オノケン(太田則宏)'s Gravatar twitter:オノケン(太田則宏) 09-10-10 (土) 14:16

    【まちづくり】マティックさんにコメント頂いきました。『「マイカーのない場所」がこれからのキーワードになると思っていますので、川内も、天文館も市電の延伸と同時に、トランジットモール化を真剣に考えて欲しいですね。』 http://bit.ly/11bUKu

    マティック's Gravatar マティック 09-10-10 (土) 15:38

    細野晴臣の手記で知ったのですが、昔はデパートに「エスカレーター」を観に行っていたそうですね。山形屋も、昔はそうした最新鋭の空間だった事が想像されます。中心街というのは、そんな「少し先の未来」を市民に提示し、生きる希望を与える場所なのではないでしょうか。残念ながら郊外型モールにその座を奪われつつあるのですから、中心市街地は更に先の未来を感じさせて欲しい。「マイカーのない場所」がこれからのキーワードになると思っていますので、川内も、天文館も市電の延伸と同時に、トランジットモール化を真剣に考えて欲しいですね。

    オノケン's Gravatar オノケン 09-10-10 (土) 22:09

    先日はどぎまぎしてしまいすみませんでした。
    案内してくれた友人は子供のころ川内のはずれに住んでたそうですが中心市街地に行けば平屋じゃない店があるのに都会を感じたそうです。(エスカレーターを見に行っていたようなことも言っていました)
    今はより大都市への移動がますます便利になっていく中で、川内、天文館ならではの「少し先の未来」をどう示すかが課題なのだと思います。
    道路という概念をはずして公園のようなスペースに建物が散在しているようなイメージを話したのですがあまり反応はよくなかったです。ビジネスモデルとしての説得力も合わせて付加できないといけないなと感じました。
    明日は山神の饗炎ですね。家族で見に行きたいなと思っています。(子供の機嫌によっては早めに帰るかもしれませんが)

コメント フォーム
情報を記憶

関連性の高い記事