B061 『水木しげるの妖怪談義』

水木しげるの妖怪談義 水木 しげる (2000/07)
ソフトガレージ


水木しげるの対談集。
養老孟子や美輪明宏とも対談してたりする。
けっこういっちゃってる。

神は政治、妖怪は生活。。。

妖怪は音。。。

妖怪は雰囲気。。。

妖怪を消し去ることがあたりまえで良いことだ、ということに疑問を持つことさえ難しくなってしまった。

目に見えるもの、頭で理解できること、それがすべてというのはやっぱりどこか寂しい。

そう、何かが抜けおちてるような。
んな気がしませんか。




読書記録カテゴリー内の前後記事


全カテゴリー内の前後記事




コメント:2

    腹部長's Gravatar 腹部長 06-06-16 (金) 14:26

    TITLE:
    SECRET: 0
    PASS: e0099a5d52bea3207354f0b38e6f97f2
    んだんだ。
    人間の気持ちっていう曖昧な部分(恐怖とか安心とか道徳観とか)をカタチ(概念)に
    したもののひとつが妖怪なんかもね。
    人間=妖怪ということか??

    >養老孟子や美輪明宏
    あわわ。。妖怪。。

    03R's Gravatar 03R 06-06-16 (金) 17:37

    TITLE:
    SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    そー。水木大先生は音とか雰囲気とかそういうのを、ほとんど自動的に形に変換できるそうな。
    妖怪にこき使われているんやって。

    >あわわ
    まさしく妖怪大集合。
    養老孟子がまじめすぎてひよっこに見えた。あわわ。

コメント フォーム
情報を記憶

関連性の高い記事