格闘技 紅白 大晦日など

あけましておめでとうございます。

どれぐらいの人が見てくれているかわかりませんが、今年もよろしくお願いします。

年々大晦日の実感がわかなくなってきている。

今年はとうとう紅白をほとんど見なかった。
紅白の力が弱くなってきているように感じるのは僕が年を取ったからだろうか?

それにしても須藤VSKIDにはわくわくしたなぁ。

矢沢栄吉から二人の登場シーンを含めすごいエンターティメントを感じたし、格闘技は創造的な仕事だと思わせてくれるものだった。

試合においては、一瞬一瞬相手の動きにあわせ自らを創造していかなければ負ける。
その創造性の勝負を見た気がする。
もっと見たかったなぁ。

ついでに言うと、PRIDEの小川VS吉田の試合にもその創造性がセンスの格差として表れていた。
どこに、と言われるとなんともいえないが、二人のセンスの違いは試合直後から明らかだったように思う。
その試合結果には、いかんともしがたい才能の違いを見せ付けられた気がして、少し憂鬱な気持ちになった。
ちょっと吉田はかっこよすぎた。

それにしても須藤もKIDにも魅せられた。
建築においても、一瞬一瞬の創造にわくわくする。そんなつくり方が出来ないだろうか。

案外、ものづくりというのはそういうもので、頭と身体の分離する以前は当たり前のことだったのかもしれない。

そういうことで、今年の目標の一つは自らの身体性を取り戻すことにしようと思う。
[MEDIA]




その他カテゴリー内の前後記事


全カテゴリー内の前後記事




コメント:0

コメント フォーム
情報を記憶

関連性の高い記事